沢山のファンを誇る竹餃はいわゆる肉汁系の餃子ではありません。

秘密やこだわりがあり、少しでもそれを伝えることが出来ればうれしいです

熟練の職人の技で皮をデザイン

熟練の職人の技で皮を包み焼き上がりのモチモチとパリパリをデザインしています皮を伸ばしながら餡を包むという職人の技で、焼き面は厚く包み口は薄く餃子を包んでいます。

ブランド豚を使用

ミンチの大きさも大きいカットのミンチと小さいカットの2種類を使い食感の立体感を表現しています。

九州産の野菜にこだわっています

九州産の野菜を使い、鮮度と栄養と安全性をお客様に届けています。

トランス脂肪酸フリーの油を使用

トランス脂肪酸フリーの油でカリカリのキツネ色に焼き上げています。アメリカの食品医薬品局(FDA)でも推奨されているトランス脂肪酸フリーの油を使い、お客様の安全にも気を配っています。

辛味噌で食べるのが竹餃流

味噌のグルタミン酸と肉のイノシン酸を合わせて食べることで旨味は7倍になり、グッと深い味わいに!これだけ買われるファン度の高いお客さんもいらっします。